【Apple】iPhoneSE(第2世代)発表!iPhone8との比較まとめ【乗り換え】

iphoneSEとiphone8の比較記事
スポンサーリンク

※2020年4月16日22時:メモリ容量(RAM)が判明したため、記事の一部内容を更新致しました。

こんにちは、のり柴です。

iPhoneSE第2世代が4月15日(現地時間)に公式発表されました!

のり柴は2年以上iPhone8を愛用しているのですが、
今回発表されiPhoneSE(第2世代)とiPhone8は外観、スペック的にかなり近いものだったので、異なる点だけをまとめて、比較してみました。

iPhone8からの乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

iPhoneSE(第2世代) と iPhone8 比較まとめ。

外観

iPhoneSE 第2世代

・ホワイト

・ブラック

・レッド

iPhone8

シルバー

・ブラック

・ゴールド

シルバーはホワイトに、ゴールドの代わりにレッドが選べるようになりました。
サイズや重量など、カラー以外の外観の違いはなさそうです。

ホワイトの前面は白色ではなく黒色になっているようです。

容量と価格

iPhoneSE 第2世代

・64GB ¥44,800 (税別)

iPhone8

・64GB 販売終了

・128GB ¥49,800 (税別)

256GB ¥60,800 (税別)

・128GB 販売終了

256GBがラインナップに追加されました。
価格は現行の最新iPhone11シリーズに比べるとかなりリーズナブルなお値段になってます。

64GBと128GBモデルの価格差は¥5000しか変わらないため、
128GBモデルが一番コスパが良いかもしれません。

ちなみにiPhone8は販売終了になったようです・・

チップ

iPhoneSE 第2世代

A13 Bionicチップ

第3世代のNeural Engine

iPhone8

A11 Bionicチップ

・Neural Engine

最新のiPhone11シリーズにも搭載されている A13 Bionicチップ が搭載されました!

A11チップに比べてA13チップの処理性能差はおよそ1.3倍といわれており、
消費電力は省電力化されているようです。

ディスプレイ

iPhoneSE 第2世代

触覚タッチ

iPhone8

3D Touch

3D Touch機能が削除され、触覚タッチに変わりました。

3DTouchは「ぐっと押し込むタッチ」、
触覚タッチは「タッチしたまま長押し」のことですw

カメラ & フロントカメラ

iPhoneSE 第2世代

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

次世代のスマートHDR(写真)

iPhone8

リアカメラ、フロントカメラ共に、
基本的な性能は変わりませんが、ピンぼけを表現できる ポートレートモード と、
色調補正効果を加えることができる ポートレートライティング が追加されました。

ビデオ撮影

iPhoneSE 第2世代

QuickTakeビデオ

・ステレオ録音

iPhone8

写真モード中に撮影ボタンを長押しすることによって、
瞬時にビデオ撮影に切り替えられる QuickTake 機能が追加されました。

携帯電話/ワイヤレス通信方式

iPhoneSE 第2世代

ギガビット級LTE

MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6

予備電力機能付きエクスプレスカード

iPhone8

・4G LTE-Advanced

・MIMO対応802.11ax Wi‑Fi

・エクスプレスカード

4GLTEより高速な ギガビット級LTE 、従来のWi-Fiよりも高速な Wi‑Fi 6
が搭載されました。

また、予備電力機能付きエクスプレスカード に変更されたことにより、
電源が切れてしまった状態でもSuicaが使えるようになりました。

SIMカード

iPhoneSE 第2世代

・デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

iPhone8

・nano-SIM

2つの携帯電話回線を1台で使用することができる、
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)が搭載されました。 

メモリ(RAM)

iPhoneSE 第2世代

・3GB

iPhone8

・2GB

中国の通信メディアによると、内部メモリは3GBのようです!

最新のiPhone11シリーズが4GBのメモリを搭載しているため、
少し物足りなさを感じますが、特に3GBでも困ることはないと思います。

iPhone8とiPhoneSE比較まとめ

以上、上記でまとめた以外のスペックはすべてiPhone8と同じのようです。

のり柴的にかなり惹かれた変更点は以下の4つです。

・A13 Bionicチップ

予備電力機能付きエクスプレスカード

・Wi-Fi6

・メモリ3GB

現行の最新チップセットが搭載されたのは驚きました!
この価格で最新チップセットのiPhoneが使えるのはかなりの利点だと思います!

旧SEは廉価版の位置づけだったので、下位のチップセットが搭載されると思っていたので嬉しいですねw

あとは、予備電源機能がついたことによって、
電源が切れてしまった状態でもSuicaが使えるのは地味に助かりますw
電車に乗ってて残充電を気にすることが減ると思います。

Wi-Fi速度が上がるのもかなり影響が大きそうですね。

iPhone8の2GBと比較して3GBになったおかげで、
メモリを食う重いアプリなどの処理や、
たくさんアプリを起動した際の処理も軽くなるんじゃないでしょうか。

iPhoneSEは買い??

のり柴的には完全に買いです!!w

旧SE、6s~8を持ってる方で乗り換えを検討してる方には、かなりおすすめだと思います!

17日に予約受付開始なので、即予約しようと思います!

以上、購入および乗り換えの参考になれば幸いです。

ではまた~

当ブログでは以下のランキングに参加しております。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
応援よろしくおねがいします。
この記事を書いたひと
のり柴

・関東在住。
・2019年12月に米国株投資開始。
・現在はポートフォリオの9割が仮想通貨。
・CAKE万枚保有。
・ゲームや、スマホ、PC周りのガジェットも好き。

みなさまのお役にたてる情報を発信していけるようがんばります。

のり柴をフォローする
iPhone
スポンサーリンク
のり柴ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました