【Homekit対応】iPhoneホームアプリで制御できるスマートLED電球5選【siriいらず】

Apple「Homekit」対応スマートLED電球5選
スポンサーリンク

こんにちはのり柴です。

みなさん、スマート家電使ってますか?

スマホや音声で操作できる「スマート家電」、ここ数年でたくさん販売されてますよね。

のり柴犬
のり柴犬

Hey,siri ! ドッグフード出して

のり柴鳥
返事がない、ただののり柴鳥

・・・・・・・・

スマート家電と言うと、

「OKグーグル、電気つけて!」

「アレクサ、今日の天気は?!」

「Hey,siri! テレビつけて!」

とか音声で操作するイメージありますよね?

この音声を出して操作するのって、かなり抵抗ありませんか?w

のり柴は抵抗ありますw

そこで今回は音声を使わずにiPhoneホームアプリで制御できる、
Apple「Homekit」対応のスマートLED電球を
5種類紹介したいと思います。

(もちろん「Hey,siri !」と音声でも制御できるのでご安心を。)

Homekit対応のLED電球って意外と少なく、好みのものを探すのが結構たいへんだったりします。

2020年6月時点でamazonで購入可能なものをまとめてみたので、
お探し中の方は参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

「ホーム」アプリとは

ホームアプリとは、homekitに対応したエアコンや、電気、テレビといった様々な家電をAppleデバイス上でコントロールできるApple純正のアプリケーションになります。

iPhoneやiPadに標準搭載されており簡単に設定できるので、
スマート家電の入門としておすすめのアプリです。

Apple純正homekitアプリ
アプリ内でオンオフ、色味の調整など様々な制御可能。
のり柴犬
のり柴犬

このアプリ便利なのに存在感薄いよな・・

Amazonで買えるHomekit対応のLED電球

2020年6月現在、amazonで購入できるHomekit対応のスマートLED電球は以下の5種類になります。

  • Yeelight  スマートLEDライト
  • LEDVANCE SMART+ スマートLED電球
  • kogeek  Led電球
  • LIFX Mini
  • Philips Hue

Yeelight」「LEDVANCE SMART+」 「kogeek」 のスマートLED電球は、
のり柴も実際に購入して使用しています。

のり柴犬
のり柴犬

Homekit対応の製品は少ないのが欠点

Yeelight スマートLEDライト

おすすめ度:★★★★★

Yeelightというメーカーが販売しているスマートLED電球になります。

Yeelight (イーライト) スマートLEDライト (マルチカラー対応) E26 1600万色 スマホ AIスピーカー Alexa/Google アシスタント/Apple HomeKit 対応 追加機器不要【日本正規代理店品】 YLDP13YL

特徴

  • 種類はRGBフルカラータイプと調光タイプの2種類
  • 値段は安い
  • Wi-Fi接続
  • 形状はE26口径のややフラットタイプ

種類と価格

種類は以下の2つから選べます。

  • RGBフルカラータイプ ¥3,300
  • 調光タイプ ¥2,200

RGBフルカラータイプは、
およそ1600万色から色味を調整することができ、
今回紹介するフルカラーLED電球のなかでは最安値になるのでオススメです。

調光タイプに関しては、
色味の調整はできず、明るさの調整のみ可能です。
色味を調整できない割には少々値段が高いかなと思います。

接続方法

接続方法はWi-Fiでの接続となっており、
Wi-Fiのない環境では、色味や明るさの制御はできませんのでご注意ください。

形状

形状はE26口径のやや丸みがかったフラットタイプになっております。

のり柴犬
のり柴犬

RGBフルカラータイプはWi-Fi接続できる環境ならコスパ良し。

LEDVANCE SMART+ スマートLED電球

のり柴おすすめ度 ★★★★

LEDVANCE SMART+というメーカーが販売するスマートLED電球になります。

【Amazon.co.jp限定】LEDVANCE SMART+ スマートLED電球 Bluetooth接続 RGB フルカラー Google Home/Apple HomeKit対応 ハブ不要

特徴

  • 種類は3種類
  • 値段はフルカラータイプ以外は安い
  • bluetooth接続
  • E26口径の丸形

種類

種類は以下の3つから選べます。

  • RGB フルカラータイプ
  • 調光調色タイプ
  • おしゃれなフィラメントタイプ

RGBフルカラータイプは、1600万色から調整することができます。

調光調色タイプは、
柔らかい白から日光(2700Kから6500K)の範囲で色味の調整が可能です。

フィラメントタイプは、LED電球でもめずらしい、
ガラスの電球を模したレトロでおしゃれな外観になっており、
色味の調整はできず、明るさのみ調整可能になっております。

フィラメントLED電球
出典:amazon販売ページ

【Amazon.co.jp限定】LEDVANCE SMART+ スマートLED電球 Bluetooth接続 フィラメント Google Home/Apple HomeKit対応 ハブ不要

価格

価格は以下の通りです。

  • RGBフルカラータイプ ¥4,940
  • 調光調色タイプ ¥2,380
  • フィラメントタイプ ¥2,280

RGBフルカラータイプの値段は少々値が張りますが、
調光調色タイプは比較的リーズナブルなお値段になってます。

フィラメントタイプは、調光調色タイプほぼ変わらない値段になってますが、
色味の調整ができないので、少々コスパは落ちます。

接続方法

bluetooth接続のため、Wi-Fiの無い環境でも使用することができます。

が、blutoothの届かない範囲では制御不可になります。

形状

形状はE26口径の丸形になります。

オーソドックスな電球の形をお求めのかたはこちらの商品が良いと思います。

のり柴犬
のり柴犬

フィラメントタイプは取り付けるライトによっては結構オシャレになりそう

Koogeek LED電球

おすすめ度:★★★★

Koogeekというメーカーが販売しているスマートLED電球になります。

kogeekスマートLED電球

Koogeek Led電球 スマート電球 ライト 照明 イルミネーションライト 1600万色 調光調色 E26/27 wifi 8w

特徴

  • 種類はRGBフルカラータイプの1種類のみ
  • 値段はお手頃
  • Wi-Fi接続
  • 形状はとんがり頭のE26口径

種類と価格

種類はRGBフルカラータイプの1種類のみになります。

価格は ¥3,855 となっております。

色の調整範囲は、およそ1600万色の範囲で調整することができます。

RGBフルカラータイプのLEDのなかでは比較的、手頃なお値段になっています。

接続方法

接続方法はWi-Fiでの接続となっており、
Wi-Fiのない環境では、色味や明るさの制御はできません。

形状

形状はやや癖があります。

先端がとんがっており、
他の電球に比べるとやや身長がありますので、
取り付けるライトによってははみ出たりします。

ですので好みの分かれる形状だと思います。

のり柴犬
のり柴犬

形状の癖がすごいな。

LIFX Mini

おすすめ度:★★★

LIFXというメーカーが販売しているスマートLED電球になります。

LIFX LED電球 一般電球形 1100lm(暖色/寒色を含む1600万色)LIFX A19 – E26 Edison Screw LHA19E26UC10JP

特徴

  • Apple認定品。
  • 種類は60W or 75W  調光~RGBフルカラーと様々。
  • 値段は比較的高め
  • Wi-Fi接続
  • 形状はE26口径、丸形タイプとフラットタイプの2種類

Apple認定品

Appleの公式ストアでも販売されているApple認定品になります。

種類と価格

種類は豊富で、以下の5種類があります。

  • 調光タイプ ¥4,073 
  • 調光調色タイプ ¥5,073
  • RGBフルカラー60Wタイプ ¥7,473
  • RGBフルカラー75Wタイプ ¥9,873
  • RGBフルカラー(暗視支援機能付き)75Wタイプ ¥12,273

RGBフルカラータイプは 60W or 75W or 暗視支援機能付き75Wタイプから選べます。

暗視支援機能の詳細は不明ですが、
amazonの販売ページには以下の記載がありました。

■監視カメラの暗視補助機能(赤外線ライト)によって、よりセキュリティ性を高めることができます。

https://www.amazon.co.jp/LIFX-スマートLED電球-スマートフォン操作-LHA19E26UC10PJP-Alexa認定製品】/dp/B07D77MC5R/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8&th=1

まあ普通に日常で使う分には必要なさそうですw

値段は比較的高めなので、
初めて購入する人には少しハードルが高いと思います。

接続方式

接続方式はWi-Fi接続となっているので、
Wi-Fiのない環境では、色味や明るさの制御はできません。

形状

形状は種類によって、丸形電球と、フラットタイプの2種類になっております。

のり柴犬
のり柴犬

Apple認定なのは良いけど高い

Philips Hue

※注1 Homekitに対応していないモデルもありますのでご注意ください。

おすすめ度:★★

Philipsというメーカーが販売しているスマートLED電球になります。

Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ(電球色~昼光色) | E26スマートLEDライト1個 | 929001276602【Amazon Echo、Google Home、Apple HomeKit、LINEで音声コントロール】

特徴

  • 種類は調光タイプ~フルカラータイプまで
  • 値段は比較的高め
  • Wi-Fi接続
  • 形状はフラットタイプ(E17口径は丸形)
  • サイズはE26口径とE17口径
  • Hueブリッジと呼ばれる別売りハブを使って拡張可能

種類と価格

Homekit対応のものは以下の3種類になります。

  • シングルグラデーションタイプ(調光調色)¥2,981
  • フルカラータイプ ¥9,980
  • E17口径 ホワイトシングルランプ(調光のみ)¥2,500

フルカラータイプはかなり割高なのでオススメしません。

E17口径サイズは調光のみタイプになりますが、
Homekit対応の小さいスマートLED電球をお探しのかたにはオススメです。

Philips Hue (ヒュー) ホワイトシングルランプE17(電球色)【Amazon Echo、Google Home、Apple HomeKit、LINE対応】

接続方法

接続方式はWi-Fi接続となっております。

Bluetooth接続のタイプも販売されていますが、
こちらはHomekit非対応になっていますのでご注意ください。

サイズと形状

E26口径のものはフラットタイプになっています。

E17口径のものは丸形(楕円)タイプになっています。

Hueブリッジと呼ばれる別売りハブを使って拡張可能

Hueブリッジとは、Philips製品を一元管理するハブになります。
これと接続することによって、複数の製品をシンクロさせたり様々な制御をすることが可能になります。

このHueブリッジがセットになった、スターターキットが販売されてますが、
値段が高いのと、設定が複雑になりそうなので、のり柴的にはオススメしません(TT)

それぞれのスマートLED電球の比較

以下、今回紹介した電球の比較表になります。

機能および形状比較

各機能および形状の比較表になります。

形状接続方法調光タイプ調光調色タイプRGBフルカラータイプ口径
Yeelightフラットwi-fiE26
LEDVANCE SMART+
丸形bluetoothE26
Koogeekとんがりwi-fiE26
LIFX丸形&フラットwi-fiE26
Philips Hueフラットwi-fi○(E17口径のみ)E26/E17

価格比較(2020年6月amazon価格)

各電球の価格比較表になります。

Yeelight 調光タイプ¥2,200
Yeelight フルカラータイプ¥3,300
LEDVANCE SMART+
フィラメントタイプ
¥2,280
LEDVANCE SMART+
調光調色タイプ
¥2,380
LEDVANCE SMART+
RGBフルカラータイプ
¥4,940
Koogeek フルカラーLED電球¥3,855
LIFX Mini White 調光タイプ¥4,073
LIFX Mini Day & Dusk 調光調色タイプ¥5,073
LIFX Mini フルカラータイプ(60W)¥7,473
LIFX Mini フルカラータイプ(75W)¥9,873
LIFX 1600万色 暗視支援付き(75W)¥12,273
Philips Hue シングルグラデーション¥2,981
Philips Hue フルカラータイプ¥9,980
Philips Hue E17口径タイプ¥2,500

一番安いもので¥2,200、高いもので、¥12,273とピンきりです。

のり柴犬
のり柴犬

かなり値段に幅があるな。

実際のサイズ比較

実際にのり柴が保有している、スマートLED電球のサイズ比較です。

スマートLED電球サイズ比較
▲ 左から「LEDVANCE SMART+」「Koogeek」「Yeelight」になります。

LEDVANCE SMART+ の外観はとてもシンプルですがちょっと安っぽい印象です。

Koogeekはでかいですw
圧倒的な存在感がありますw

Yeelightは側面がダイヤモンドカットされていて、少しおしゃれな雰囲気です。

Homekit対応スマートLED電球のまとめ

環境や、用途別におすすめのスマートLED電球をまとめます。

WiFi環境があり、フルカラータイプが良い人

Yeelight フルカラータイプ」or「Koogeek」がおすすめです。

どちらもフルカラータイプでお値段が¥3,000台とリーズナブルなので、
コスパ良しです。

どちらも見た目の好みが分かれると思うので、
好きな形状を選ぶのが良いかと思います。

Yeelight (イーライト) スマートLEDライト (マルチカラー対応) E26 1600万色 スマホ AIスピーカー Alexa/Google アシスタント/Apple HomeKit 対応 追加機器不要【日本正規代理店品】 YLDP13YL

kogeekスマートLED電球

Koogeek Led電球 スマート電球 ライト 照明 イルミネーションライト 1600万色 調光調色 E26/27 wifi 8w

のり柴犬
のり柴犬

とんがり好きな方はKoogeek一択。

Wifi環境ないけど、試してみたいというかた

LEDVANCE SMART+の「フィラメントタイプ」「調光調色タイプ」「フルカラータイプ」から選ぶのがよいと思います。

フルカラータイプは¥4,940と少々値段が張るので、
フィラメントタイプか調光調色タイプがオススメです。

【Amazon.co.jp限定】LEDVANCE SMART+ スマートLED電球 Bluetooth接続 RGB フルカラー Google Home/Apple HomeKit対応 ハブ不要

のり柴犬
のり柴犬

bluetooth接続はiPhone標準搭載。

E17口径の小さいスマートLED電球をお探しの方

現状だとPhilip Hueの「E17口径 ホワイトシングルランプ」一択だと思います。

Philips Hue (ヒュー) ホワイトシングルランプE17(電球色)【Amazon Echo、Google Home、Apple HomeKit、LINE対応】

のり柴犬
のり柴犬

今後E17口径のフルカラー対応のものが他メーカーから発売されるのに期待だな。

以上、amazonで買える、オススメのHomekit対応のスマートLED電球まとめでした。

正直スマホで電気をオンオフするだけでも結構楽しかったりしますw

スマート家電に興味のある方はぜひ体験してみてください(^^)

実際の設定手順などは以下の記事で解説しておりますので
参考にしていただけたら幸いです。

ではまた~~

当ブログでは以下のランキングに参加しております。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
応援よろしくおねがいします。
この記事を書いたひと
のり柴

・関東在住。
・2019年12月に米国株投資開始。
・現在はポートフォリオの9割が仮想通貨。
・CAKE万枚保有。
・ゲームや、スマホ、PC周りのガジェットも好き。

みなさまのお役にたてる情報を発信していけるようがんばります。

のり柴をフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
のり柴ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました