【逆指値】Binance(バイナンス)の使い方&注文方法を簡単解説。【OCO】

Binance(バイナンス)での注文方法かんたん解説。
Binance(バイナンス)での注文方法かんたん解説。
スポンサーリンク

こんにちはのり柴です。

みなさん、バイナンス使ってますか?

バイナンスは日本の取引所で扱っていないコインが豊富で、ビットコインやイーサリアムと言った主要通貨以外のコインに手を出してみようかな、という方にうってつけの取引所になります。

口座開設も日本取引所で必須の本人確認が不要なので、メールアドレスさえあれば即座に口座を開設することができるのもGOODポイントです。

そこで今回は、そんな海外大手取引所のバイナンスの使い方および具体的な仮想通貨の注文方法をわかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

「バイナンスで仮想通貨を購入するのって難しそう・・」

「バイナンスでの注文方法が分からない!」

って方のお悩み解決になれば幸いです。

のり柴犬
のり柴犬

まだバイナンスの口座を持ってない人は↓のリンクから開設可能でござる。

スポンサーリンク

Binance(バイナンス)のトップページ

それではまず、バインナンスのトップページをみてみましょう。

binance(バイナンス)のトップページ
binance(バイナンス)のトップページ

トップページには主要コインの価格や、現在行われているキャンペーンなどが表示されており、画面上部のメニューからトレード画面や各種サービスにアクセスすることができます。

※画面の表記が英語になっている場合は画面右上の「English」をクリックして「日本語」表記に変更可能です。

画面右上から日本語表記に変更可能。
画面右上から日本語表記に変更可能。
のり柴犬
のり柴犬

バイナンスではトレード以外にもレンディングや、証拠金取引、先物取引などのサービスも充実してるでござる。

Binance(バイナンス)のトレード画面

それではトレード画面にアクセスするために、画面上部メニューの「トレード」と書かれている部分をクリックし、その中から「クラシック」をクリックしてみましょう。

binance(バイナンス)のトレード画面に移行。
画面上部のメニューから「トレード」→「クラシック」をクリック。

クリックすると以下のようなトレード画面に移行します。

Binance(バイナンス)のトレード画面。
Binance(バイナンス)のトレード画面。

価格チャートや注文パネル、検索パネルといった要素で構成されており、この画面で仮想通貨の売買を行うことができます。

のり柴犬
のり柴犬

うーん、ごちゃごちゃしてて難解でござるな。

購入したい通貨を検索する

トレード画面の右上にあるのが取引する通貨を検索するパネルになります。

検索の入力欄にティッカーを入力すると目的の通貨が表示される。
「eth」と入力するとイーサリアムの取引可能ペアを絞り込むことができる。

入力欄に購入したい仮想通貨のティッカー(BTC、ETH、LTCなど)を入力すると、購入可能な通貨ペアを絞り込むことができます。

のり柴犬
のり柴犬

☆マークをクリックするとお気に入り登録することもござる。

上の画像のように「ETH」で検索すると、BTC建てやUSDT建てなど様々なペアを選んでトレードすることができます。

バイナンスは非常に沢山の通貨を取り扱っているため、目的の通貨を探す時はここから検索するとよいでしょう。

のり柴犬
のり柴犬

日本円(JPY)は取り扱ってないので注意ござる。

スポット(現物)注文方法いろいろ

実際に注文を出すにはトレード画面の下部にある注文パネルを使用します。

binance(バイナンス)の注文パネル。
左上の「スポット」が選択されているのを要確認。(「クロス3x」、「分離マー…10x」は証拠金取引用です。)

バイナンスのスポット取引(現物取引)では以下の4つの注文方法を選ぶことができます。

  • リミット(指値)注文
  • マーケット(成行)注文
  • ストップリミット(逆指値)注文
  • OCO注文

いずれも状況によって使い分けることが大切なので一つづつ解説していきます。

リミット(指値)注文

リミット注文は日本の取引所で言う「指値注文」になります。

基本的な注文方法はこちらのリミット注文を使っていく形になると思います。

リミット(指値)注文のやり方。
「価格」に希望する値段、「金額」に数量を入力。

希望の価格と数量入力し、指定した価格まで下がってきたら買う、上がってきたら売る、という注文ができます。

例:手持ちの1ETH を 1260USDT で購入したい場合。

「価格」の欄に1260を入力、「金額」の欄に1を入力し、購入ボタンを押すと注文を発注できます。

また購入する枚数は「合計」欄の上にあるスライダーで数量を調整することも可能です。

のり柴犬
のり柴犬

「価格」と「金額」って表記がややこしいので注意でござろう。

マーケット(成行)注文

マーケット注文は日本の取引所で言う「成行注文」になります。

マーケット(成り行き)注文のやり方。
入力欄は、金額と数量を切り替えられます。

希望の価格と枚数を入力し注文を出すと、現在の価格で即座に購入もしくは売却することができます。

のり柴犬
のり柴犬

とりあえずサクッと売買したいござる用。

ストップリミット(逆指値)注文

ストップリミット注文は日本の取引所で言う「逆指値注文」になります。

ストップリミット(逆指値)注文のやり方。

指値注文とは逆で、指定した価格まで上がったら買う、下がったら売るという注文ができます。

正確には、現在の価格が指定した額に到達したら、指値注文を自動で発注するという仕組みです。

例:手持ちの 1ETH を、価格が 1260USDT まで下がったら売りたい場合。

「ストップ」欄に1260USDTと入力、「指値」欄に1259USDT(1260以下の金額)と入力、「金額」欄に1ETHと入力し売却ボタンをクリック。

価格の大きな変動に備え、予め逆指値注文を出しておいて、暴落に巻き込まれる前に自動で売却するといった使い方ができます。

のり柴犬
のり柴犬

ちょっとややこしいけど超便利でござる。

OCO注文

OCO注文は、少し特殊な注文方法で、指値注文と逆指値注文を同時に発注することができます。

OCO注文のやりかた。
「ストップリミット」のところをクリックすると「OCO」と切り替えられます。

希望する価格まで上がったら売り、下がってしまったら売り、という両対応の注文を発注することができるので、なかなか便利な注文方法です。(買いのパターンも可)

例:手持ちの 1ETH を価格が 1300USDT まで上がったら売り、もしくは 1260USDT まで下がったら売りたい場合。

「価格」欄に1300USDTと入力、「ストップ」欄に1260USDTと入力、「指値」欄に1259USDT(1260以下の金額)と入力、「金額」欄に1ETHと入力したら売却ボタンをクリック。

のり柴犬
のり柴犬

いろいろあるけど、覚えちゃえば簡単でござりまする。

注文状況、注文履歴を確認するには

現在発注している注文や、過去の注文履歴、現在保有している通貨を確認するにはトレード画面下部のオーダーパネルで確認ができます。

オーダーパネル。
ここで注文したい内容の確認やキャンセルが可能。

発注した注文を取り消したしたい場合などもこちらのパネルからキャンセル可能です。

のり柴犬
のり柴犬

間違って注文しちゃったら、成立する前に急いでキャンセルしるべし。

binance(バイナンス)の使い方と注文方法まとめ

以上、バイナンスでの仮想通貨の注文方法解説でした!

まとめ

注文方法をまとめると

  • リミット注文(指値)・・・指定した価格まで下がったら買い、上がったら売り。
  • マーケット注文(成り行き)・・・現在の価格で即座に売買する。
  • ストップリミット注文(逆指値)・・指定した価格まで上がったら買い、下がったら売り。
  • OCO注文・・・リミット注文とストップロス注文を同時に発注する。

になります。

これらの注文方法をうまく使い分けることによって、大きな損失を防いだり、臨機応変な対処が可能になりトレードの幅が広がると思いますのでこれを機会に覚えてみてはいかがでしょうか?

のり柴犬
のり柴犬

これでトレードレベルアップでござる。

バイナンスに日本の取引所から送金するなら

ちなみに、先にちょろっと書きましたが、バイナンスは日本円での取引ができません。

そのため、バイナンスで取引をするには、日本の取引所でBTCや、ETHを購入し、バイナンスに送金する必要があります。

個人的にはBTCは送金手数料が高いため、BTCと比較して送金手数料が安価なETHを購入し、バイナンスに送金するのをおすすめします。

日本の取引所でETHを購入する場合、個人的に bitbank がオススメです。

bitbank はビットコイン、イーサリアム、リップルといった主要仮想通貨が板取引に対応しているため、購入手数料が非常に安く済みます。

バイナンスを積極的に使っていくなら bitbank も合わせて口座を開設しておくとよいかと思います。

bitbank
のり柴犬
のり柴犬

口座開設、本人確認もいと早し。

以上、バイナンス周りのお役立ち情報あればまた書いていこうと思います!

ではまた~

当ブログでは以下のランキングに参加しております。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
応援よろしくおねがいします。
この記事を書いたひと
のり柴

・関東在住。
・2019年12月に米国株投資開始。
・現在はポートフォリオの9割が仮想通貨。
・CAKE万枚保有。
・ゲームや、スマホ、PC周りのガジェットも好き。

みなさまのお役にたてる情報を発信していけるようがんばります。

のり柴をフォローする
仮想通貨
スポンサーリンク
のり柴ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました